26歳独身男性会社員の神待ち掲示板利用記

神待ち掲示板で、ある女の子とやり取りをした。
今週末泊まるところがないということだった。
1週間も前から宿探しとは、用意周到なことだね。
その計画性はご立派、と思っていたら、立派なのはそれだけではなかった。
「お部屋の写真を見せてください」 ときたものだ。
他の人とも神待ち掲示板で同様のやり取りをしていたようだが、どうやら部屋の写真を見て断ったのだろうか、もしくは引越しの相見積もりのようなことをしているのだろうか。
この女の上手いところはそれだけではなかった。
自分の写メをアップしている。
口元は隠しているが、たぶんこれは可愛い系だろう。
しかもメイド服着ているとは、おれらの生態系を良く知る女だと見た。
これでは引く手数多なんだろうな。
僕も他の人に負けじと部屋の写真を彼女に送った。
僕は幸いきれい好きなので、部屋は全然散らかっていない。
ついでにお風呂もきれいに洗って送ってやった。
そして、翌日になって、 「お写真ありがとうございます。
非常にきれいなお部屋なので、泊めていただいてもいいですか?私からは、メイド服で足裏マッサージをさせてもらえればと思います」 と返信がきた。
な、なんと、メイド服で足裏マッサージだと!?普通にお店に入ってそんなことしたら普通に4000円とか5000円とか取られるサービスだぞ。
やっぱりこの女わかってる。
神待ち掲示板慣れしている。
週末まであと5日。
彼女に会うことが非常に楽しみになってきた。
ちょくちょく上京するなら定宿にしてくれてもいいなあ。