28歳独身男性会社員の家出掲示板利用記

私は神待ちを日頃から行う事で、自分の性欲を解消するパートナーを安価で調達する事に成功しています。
私は10年ほど前にインターネットの巨大匿名掲示板で神待ちという言葉を知り、それ以来私は神待ちをして20代前半の若い女性を主なターゲットにして、実際に女性を自宅に泊めて性交渉を行ってきています。
私は神待ちを行うのは家出掲示板と決めており、その中でも老舗の神待ち掲示板のみを利用する様にしているのです。

私は先日も家出掲示板を利用して神待ちに対する書き込みを行いました。
その時の私が神待ちを募集する書き込みの内容とタイトルは、「神待ちをしていますので、興味がある女性で泊まる所も食べ物も食べる事が出来なくて困っている人を助けます」というシンプルで単刀直入な物にしました。
以前は出来るだけ性交渉目的という事があからさまに宿が無い女性や食べ物も食べる事が出来ない女性に伝わらない様にやんわりとした表現のタイトルで神待ちを家出掲示板で行っていたのですが、やんわりと書くと家出女性には伝わらない事が多いと感じたので、ストレートに「私は神待ちをしています」と最近でははっきりとタイトルで書く様にしています。

そして私は先日の家出掲示板の神待ちである20歳の女性をゲットして現在も彼女は断片的にですが週末などは私の一戸建ての借家に泊まっていってくれています。
彼女は今時珍しい黒ギャルという希少な存在のギャルで、私は彼女と初めて駅前で待ち合わせをした時にはあまりにも古典的で分かりやすい黒ギャルが来たので思わず誰かが自分をはめようとしてきたのではないかと疑ってしまうほどでした。
私は黒ギャルが大好物で、普段からAVの動画などは黒ギャル物を頻繁に視聴していますが、実際の黒ギャルとのプレイは先日の神待ち掲示板でゲットした20歳の黒ギャルとの性交渉が初めてでした。
黒ギャルの肉体は日焼けしていて美しく、シャワーの水も全て弾く若い肉体で最高でした。